fc2ブログ

タイヤ交換

キャンピングカー
07 /24 2023




今履いているタイヤは5年前に製造されたタイヤですが、この間タイヤの側面にヒビが入って来ているのを見つけたので、車重のある車なのと遠出もするのもあって、今回から早めに4輪とも交換する事にしました。キャンピングカーは車重が有るのでトラック用のタイヤを履いています

以前アイタスカに乗って居る時に次の車検時にタイヤ交換しようと思っていたらリアタイヤがバーストしたことが有った経験が有るので。。。その時はリアダブルタイヤの1本がバーストしたので助かりましたが、ビスタはシングルタイヤなのでバーストすると車がひっくり返る可能性が有りますからね。遠出もする予定なので万全にです。。。。

↓前記事
焦った!

2023年製造の新品タイヤに履き替えましたこれで安心です
スポンサーサイト



ATFオイル交換!

キャンピングカー
04 /04 2023
うちのビスタ君は元気に走っていますが2004年車なので19年経っています。。。


走行距離は約8万5千キロ、でも19年も経つのでやはり気になってたのが」「ATFオイル交換」・・・


取説を調べてみると・・・




交換不要となってます・・・


でも良いのかなぁ~・・・なんて思いながらなんか気になっていました。エンジンオイルだって劣化するし、ATFオイルだってきっとオイルパンの磁石?にはきっとスラッジとかフィルターにも汚れが溜まっているだろうし・・・なんて考えるとどうもモヤモヤして古い年式だからこそやらないといけないんじゃないかな?なんて考えて車に詳しいお客さんやプロの方、ディーラーさんにも聞いて考えていました。「壊れる可能性があるからやらない方が良い」「やらないから壊れるんですよ」やはり意見は分れます。ブログを見ていると毎年自分でATFオイルを交換しているアメ車のキャンピングカー乗りの方もいらっしゃいますが、全く行っている気配の無い方も当然いらっしゃいます。確かにATFオイル交換は国産乗用車でもかなり神経を使う作業の様では有ります。詰めていくとやりたいのかやらないでおくのかは決めるのはユーザーの判断になる感じの様です。現時点でビスタ君はミッションの調子が悪いわけでは有りませんが、年数経過と調子が悪くなる前に悪くならない様にと考えてATFオイル交換をする事に決めました。当初はディーラーさんにお願いしようかと思っていましたがATFオイル交換は外注になると聞いていたので、家の近くか実績が在り交換を進めている所でお願いしようと思って探していました。。。

今回、モビリオ君でお世話になっているお店のオーナーさんと意見が合いこれまでの実戦経験のお話等もお聞きして問題は作業場所(車高が高いのでお店のガレージに入らない)と言う事でしたが作業出来るとなった様なので、お願いました。中々のこだわりの高い技術を持ったショップオーナーのTさんのです。
B!プロデュース

オイルパンを外し、当然下抜きで作業開始です




やはりオイルは真っ黒、かなり汚れている様でした。Tさんいわく、やって(交換して)正解かと思いますと作業中にLineで画像を送ってくださいました

各部きれいに掃除して、磁石もピカピカに




今回交換したATFオイルはTさんチョイスの「タクミ」製を入れました。コンバーターの中は今回は様子見も有って抜きませんでしたが、一度組み終えて動かしてからもう一度同じ工程で交換したとの事でコンバーターの中も一部変えたとの事でした。なので次は2年後辺りか10万キロ過ぎた辺りに再度交換してもらう予定です。

今回他にクーラントの方も見てくださいましたが、こちらはスーパークーラントが入っているらしく、スーパークーラントは16万キロまでは交換不要なんだそうです。(環境破壊に関して業界でも廃棄物は出来るだけ出さない方向なのだと)なので濃度を測り、量が減っていた分を補充してもらいました。(補充可能だそうです)

作業終了後走行点検を行った後にTさんが自宅まで乗ってきてくださり無事に帰ってきましたもともと変速ショックとかほぼ有りませんでしたが交換後は更に滑らかになった感じがしました。アクセル反応もどこか安心感も出たような。。。

そんな感じのATF交換作戦は無事成功です

プロパンガスタンク交換

キャンピングカー
01 /26 2023
この月曜日に久しぶりにニートRVさんに行きました。


この車には容量15kgのプロパンガスタンクを搭載していて、キッチンコンロや、温水ボイラー、冷凍冷蔵庫、ガス暖房に使用しています。(今は暖房はガソリンを使うタイプの物を主に使用しています)前記事→「ヒータの追加設置」
fc2blog_20191210191710be4.jpg

プロパンガスタンクの使用期限が昨年の7月一杯で切れて、新しくガスを補充出来ないので新しいタンクに買い替えました。残量メーター付きのガスタンクですが、ビスタの格納スペースに格納するためにバルブの角度をビスタ用に加工してあるんだそうです。Nさんから説明が有り、その後格納してもらいました



車の後部にグレー(使用済み生活用水)とブラック(トイレ使用汚水)の排水システムが有りますが、ブラック側の排水バルブのレバーが硬くて動かしづらくなってきていたのと排水口のキャップを外すと少し水漏れが有るので交換してもらいました。(写真向かって右がブラック、左がグレー)ただ交換作業するのにグレー側とユニットごと一度外すことになるので、劣化し始めて硬くなりつつあるグレー側も一緒に交換してもらいました。
IMG_8596_convert_20230126114456.jpg

新しいバルブのレバーの動きはかなり軽くこれが本来の動きだとするとはやりかなり劣化していたんだと思いました(^^;)






バッテリー交換

キャンピングカー
11 /22 2021
日曜日の夜車泊地に出掛けようとしたら「あれっ?セルが回らない」一瞬パニックになりましたが(笑)この車はメインバッテリーの不具合が起きた時にサブバッテリーを使ってエンジンを掛ける事が出来るのを思い出し早速サブバッテリーからの電力に切り替えるボタンを押しながらセルを回したら一発でエンジンがかかりましたその後は問題なくエンジンを掛け直ししてもセルは回りましたが先週も乗ったのになと思い、前から気になって居たメインバッテリーの交換時期。今年の冬はラニーニャ現象により例年より寒くなる予報。念の為にその様子をお世話になって居るディーラーに伝えるとバッテリーも含めて見てみましょうという事で、出かけ先から帰宅後お店に行ってみてもらいました。。。



やはりメインバッテリー交換となりました。
バッテリーはカバーに覆われていてボンネット開けてもバッテリーは見えないのですが、外してみたら前のオーナーが交換した日付けがバッテリーに書いてありました。

このバッテリーは平成28年に交換した物でした。電圧も13vを少し欠ける位なので診断機の判断は「要注意」でしたが、もう年数も経過しているので交換する事にしました。これで安心です


ヒーターの追加設置

キャンピングカー
11 /10 2021
エンジンのチェックランプが点いたので点検に出して調べてもらっていました。
テスターの結果は」「リーン」燃料が薄いという診断。原因を調べていくと、うちのビスタは2004年車ですが、これまで一度も燃料ポンプは交換していないそうなので、どうもこれが怪しいと言う事で交換になりました。



点検に出したタイミングでスタッドレスタイヤに履き替えたのと、今回ガソリンを燃料にするヒーターを設置してもらいました
ビスタ等、アメリカンモーターホームは予めガスによるFFヒーターが架装してあります。ビスタには15キロのプロパンガスタンクが設置してあり、これでFFヒーターや冷凍冷蔵庫、温水器、コンロに使うガスを供給しています。以前乗っていたアイタスカは「オートガス」を使用していましたが、こちらのウィネベーゴ正規ディーラーでは輸入時にプロパンガスに変更しているそうです。理由は大まかに説明すると、日本の「オートガス」よりも「プロパンガス」の方が使用するガスの種類としては適しているそうです。

ですが、近年では数年前に起きた河川敷での花火大会で起きたプロパンガスの引火による観客の死亡事故以来、プロパンガス協会では詳細はわかりませんが移動式のガスタンクには基本的には供給しない方針で自主規制しているようで(禁止ではないので特定の業界への供給等は条件付きとかで行って居るものと思われます。)家の近所ではガスを入れてもらえるお店が無いので、デイーラーにガスタンクを預けて、次の仕事が休みの日にまた取りに行く様にしていました。なので残量を確認しておかないとお出かけ中にガスの残量がなくなると、直ぐには補給出来ないので寒い車内で過ごさないと行けなくなってしまいます。。。今回設置したヒーターは、エンジンを動かす時に使うガソリンを貯めている燃料タンクから燃料を使うので(発電機も同じです)残量が少なくなっても近くのガソリンスタンドで直ぐに補給出来るので安心して使えます使い方も簡単で車内の空気を効率的に温めるようです。排気ガスは車外に排気される様に配管されていますので安心です。燃焼用の空気も車外から取り入れているようです。


カウチソファー下の収納スペースを加工して設置です。左側の黒く見える丸いダクトが温風の吹き出し口です。




ギャレーの部分に電源のON/OFFと温度設定の液晶パネルと横に細長い室内温度センサーが付きました。
通常設置では温度は吸気口から室内温度を判断するようになって居るそうなのですが、こちらのディーラーでは実際に人が居る場所の辺りに温度センサーを付けた方が良いだろうと言う事で、操作パネルの横に温度センサーを別に取り付けているんだそうです。温度センサーを付けると吸気口からの温度よりもセンサーの温度を優先してヒーターが作動するそうです。

エアヒーター

これで冬の準備も出来ました



きむきむ

こんにちは。船橋市で理容店を営んで居ます、理容師です<(_ _)>
カットやカラー、お顔剃りも得意です(*v.v)。。。
趣味は、海釣り・スキー・カー&ドライブなど多趣味でしたが、ここ最近は、もっぱら3匹の犬と共にお出掛けと遊ぶのが趣味に^^;。。。すっかり愛犬バカになって居ます(爆)みんなでワイワイとお酒飲むのも大好きです(*^-^*)チョコを飼い始めたのがきっかけで、キャンピングカーを購入しました。お出かけはみんな一緒に出かけて車中泊(*^^*)
仕事の事とか、3匹の犬(チョコ、プリン、ミルク)の事など、たわいない出来事とか日記付けて行こうと思ってます。。。
故チョコ ミックス犬 2008.12.22生♂(2018.11.13天国へ 享年9歳)
プリン チワワ 2010.5.2生♂
ミルク ミニチュアダックス 2013.11.19生♀
飼い主 床屋 1965.4.16生♂